Works

受賞歴

2010
  • 第46回谷崎潤一郎賞受賞『ピストルズ』

2005
  • 第132回芥川賞受賞『グランド・フィナーレ』

2004
  • 第58回毎日出版文化賞文学・芸術部門受賞『シンセミア』

  • 第15回伊藤整文学賞小説部門受賞『シンセミア』

1999
  • 第21回野間文芸新人賞受賞『無情の世界』

1994
  • 第34回群像新人文学賞小説部門受賞『アメリカの夜(原題:生ける屍の夜)』

小説

2016
  • 5月『Deluxe Edition』刊行(文春文庫)

2015
  • 7月『クエーサーと13番目の柱』刊行(講談社文庫)

2014
  • 11月『キャプテンサンダーボルト』刊行(伊坂幸太郎氏との合作)

2013
  • 5月『□ しかく』刊行

  • 10月『Deluxe Edition』刊行

2012
  • 7月『クエーサーと13番目の柱』刊行

2011
  • 7月『IP/NN 阿部和重傑作集』刊行

2010
  • 3月『ピストルズ』刊行

  • 2月『ミステリアスセッティング』刊行(講談社文庫)

2009
  • 4月『ABC<阿部和重初期作品集>』刊行

2006
  • 11月『ミステリアスセッティング』刊行

  • 10月『シンセミア』刊行(朝日文庫)(全4巻)

  • 3月『ミステリアスセッティング』掲載(携帯サイト「Timebook Town」:3月~)

  • 3月『プラスティック・ソウル』刊行

2005
  • 2月『グランド・フィナーレ』刊行

2004
  • 11月『グランド・フィナーレ』掲載(「群像」講談社:12月号)

  • 8月『新宿ヨドバシカメラ』掲載(「Coyote」スイッチ・パブリッシング:No.1)

  • 7月『ニッポニアニッポン』刊行(新潮文庫)

  • 1月『馬小屋の乙女』掲載(「群像」講談社:1月号)

2003
  • 10月『シンセミア』刊行(全2巻)

  • 2月『無情の世界』刊行(新潮文庫)

2002
  • 5月『ABC戦争 plus 2 stories』刊行

2001
  • 8月『ニッポニアニッポン』刊行

  • 7月『アメリカの夜』刊行(講談社文庫)

  • 5月『ニッポニアニッポン』掲載(「新潮」新潮社:6月号)

2000
  • 6月『インディヴィジュアル・プロジェクション』刊行(新潮文庫)

1999
  • 1月『無情の世界』刊行

1998
  • 11月『鏖』掲載(「群像」講談社:12月号)

1997
  • 11月『トライアングルズ』掲載(「群像」講談社:12月号)

  • 7月『公爵婦人邸の午後のパーティー』刊行

  • 5月『インディヴィジュアル・プロジェクション』刊行

1995
  • 『公爵夫人の午後のパーティ』刊行

  • 8月『ABC戦争』刊行

1994
  • 7月『アメリカの夜』刊行

  • 5月『アメリカの夜(原題:生ける屍の夜)』掲載/第34回群像新人文学賞小説部門受賞(「群像」講談社:6月号)

単行本未収録

2016
  • 3月『Watchword is…』(「ダ・ヴィンチ」2016年4月号掲載)

2014
  • 5月『It’s Alright, Ma(I’m Only Bleeding)』(「新潮」2014年6月号掲載)

2012
  • 9月『For Your Eyes Only』(「早稲田文学」)

  • 7月 『Thieves In The Temple』 ( 「美術手帖」)

  • 4月『RIDE ON TIME』(「早稲田文学 記録増刊 震災とフィクションの“距離”」早稲田文学会)

     

2011
  • 『□』(「真夜中」リトルモア:No.13~)

  • 11月『Sunday Bloody Sunday』(「IN THE CITY」Vol.4)

  • 11月『Geronimo-E, KIA』(「新潮」)

  • 11月『マン・イン・ザ・ミラー』(「読売新聞大阪版」)

2010
  • 10月『Life On Earth?』(「IN THE CITY」Vol.1)

2009
  • 12月『ジャスト・ライク・ア・ウーマン』(「小説トリッパー 2009年 12/30号」)

  • 8月『イッツ・オンリー・ア・ビッチ』 (「思想地図」日本放送出版協会:Vol.4)

2007
  • 2月『くるみ割り人形』(「鏖」コミック版所収)

2005
  • 10月『課長 島雅彦』(「新潮」新潮社:11月号)

  • 1月『赤ん坊が松明代わりに』(「文藝」河出書房新社:第2回/春号)

2004
  • 4月『赤ん坊が松明代わりに』(「文藝」河出書房新社:第1回/夏号)

エッセイ・評論、他

2012
  • 5月 『幼少の帝国―成熟を拒否する日本人』刊行

  • 2月 『それでも三月は、また(アンソロジー)』刊行

2011
  • 7月 『和子の部屋 小説家のための人生相談』刊行

2007
  • 7月 『鏖』刊行/原作『鏖』漫画化・書き下ろし短編

  • 1月 『シネマの記憶喪失(共著)』刊行

2005
  • 8月 『阿部和重対談集』刊行

  • 2月 『シネマの記憶喪失(共著)』連載開始(「文學界」文藝春秋:3月号~)

2004
  • 12月 『たけくらべ 現代語訳・樋口一葉(共著)』刊行(河出文庫)

  • 12月 『ケータイ・プチポエム(共編)』刊行

  • 6月 『青山真治と阿部和重と中原昌也のシネコン!』刊行

  • 5月 『映画覚書vol.1』刊行

2000
  • 4月 『ロスト・イン・アメリカ(共著)』刊行

  • 4月 『アブストラクトなゆーわく』刊行

1997
  • 3月 『現代語訳 樋口一葉・十三夜他(共著)』刊行

  • 『アブストラクトなゆーわく』掲載(「an an」マガジンハウス:1997年~)